1+資格取得比較@通信講座トップページへ
30歳からのTOEIC受験

資格別一括検索
『資格は財産。そして夢へのパスポート』

主な民間資格一覧

民間資格とは

民間の会社や団体が主催、実施する試験に合格した者に与えられる資格で、法的な効力はありません。ひとくちに民間資格といっても、社会的評価はさまざまで、なかには国家資格や公的資格と同等かもしくはそれ以上の評価を受けているものも少なくないです。また社会的なニーズの変化により、民間資格が国家資格になる等のケースもあります。

インテリアコーディネーター インテリアコーディネーターとは、インテリアのプランの作成やアドバイスを行う専門職です。
英検(実用英語技能検定) 英検(実用英語技能検定)とは、日本で最もポピュラーな検定試験です。企業の信頼度も高く、他の語学検定試験の資格より一般的に使われています。
証券アナリスト 証券アナリストとは、経済・産業・社旗動向や企業利益・財務状況など広範なデータを収集・分析し、投資価値の評価やポートフィリオの組成・管理を行う仕事です。
ファイナンシャル・プランナー ファイナンシャル・プランナー(FP)は、顧客の家族構成をはじめ、収入・支出の内容、資産・負債、保険などあらゆるデータを分析し、顧客のトータルな資産設計を行い、その実行を手助けしていく専門家です。
ホームページ作成検定 ホームページ作成検定とは、インターネットによる情報発信のスキルアップを図ることを目的とした検定試験です。
米国公認会計士 米国公認会計士とは、世界的に認められる米国資格で、企業などに対して会計・ 税務・経営に関するサービスを提供する仕事です。
CAD利用技術者試験 CAD利用技術者試験とは、CADの操作技能をもち、設計・製図に関する業務知識の認定試験です。
DTPエキスパート認証試験 DTPエキスパート認証試験とは、DTP技術を通して印刷物を作るために必要な製版・印刷からコンピューター知識を理解し、よりよい印刷物を作るということを目的とした認証試験です。
TOEIC 英語コミュニケーション能力を測定する世界標準のテストです。企業などにおける信頼度も高いです。

>> 資格総合一覧
国家資格一覧
公的資格一覧
民間資格一覧
国家・公的・民間資格の違いは?

TOPへ
ポイントサイト
i2i.jpが運営する安心できるポイントポータルサイトi!
ダイビング
人気のダイビング器材がたくさん揃ってるショップ!
電力自由化
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。


HOMEBlog運営者情報